2018年08月

FullSizeRender

久しぶりに友人と会い、のんびりと過ごした木曜日。

皆んな作り手で、普段はひとりでコツコツと作ってる。ひとりの時間で作り上げたものは、ふいにそれが良いのか悪いのか、判らなくなるときがあります。

これどう思う?
これとこれ、どっちがいいと思う?

誰かに聞きたい気持ちが湧き上がり、頭の中をぐるぐると回ります。そんな日々。
たまにこうして、そんな日常を笑い合ったり相談したり、情報交換したりする大切な時間です。

帰り道に立ち寄ったカレー皿を特集した器展で大好きな木の匙をみつけ、買ってしまいました。

山脇隆さんが作るカトラリー。その持ち手の角度は自然の木の枝のかたちを生かしているそうで、一本一本少しずつ形が違いました。使うときを想像して何本も握ってみる・・・この時間が本当に楽しいです。うふふ。

キレイに磨く前はきっとこんな色をしていたんだなぁと思わせる小枝の断片に、ケヤキと書いてあります。

?マークのようなアシンメトリーな形がかわいい匙です。

FullSizeRender


お昼ご飯を食べたお店は、計量カップそのままでサラダが出てきました。パン皿は琺瑯のバット!素っ気なさが昔の給食みたい。

IMG_5198



IMG_4779
IMG_4780

お盆休みを経て、秋からの展示用に向け制作がスタートしています。

まだまだ暑い毎日、たまらず午後にはクーラーを稼働させますが、気温の高さのためかグォーーーーンと激しく風が噴出・・・これには気を遣います。

轆轤をひいたばかりの器は水分がたっぷり含まれています。この水分が全体的に自然に抜けていくのが望ましいのですが、クーラーの風などが一方向からだけ当たってしまうと片側だけが乾いてしまい、形に歪みが生まれてしまいます。
風が当たらない場所へ移したり新聞紙をかけたり、こまめに様子をみます。夏場はいつもより手のかかる子達です。

さて。

この春初めて、ちょこっとご挨拶した長野県。来月は、『十二月窯展』としてたっぷりご挨拶させていただく機会ができました。
信州では初めて、なかなかご覧いただける機会がありませんので、お近くの方はぜひ!


十二月窯展

2018年9月15日(土)〜26日(水) 11時〜18時
*20日(木)は定休日

ノキロ信州上田店

期間中は、ここに書ききれないほどの展示やイベントが開催されるそうです。
特に、15〜16日は『トココト』というイベントがあり、ワークショップ、古本市他、上田まちなかでとにかくたくさんのコトに出会える2日間になるそうです。

詳しくは、ノキロさんのfacebookやトココトイベントのfacebookページをご覧ください。




期間中の情報もいっぱい載っている楽しいDM。欲しい方は以下のアドレスにご住所をご連絡ください。

december@vega.ocn.ne.jp

FullSizeRender


最初のDM写真との違いはどこでしょーか?





FullSizeRender

京都五条坂の陶器まつりが、無事に終了しました。
たくさんの方に足をお運びいただけて、とても嬉しいです。暑い中、本当にありがとうございました。

小さいおうちの花器や新しい絵付けにも良い反応をいただけて、これからの制作の糧になります。益々、頑張りますっ!

さて、私の戦利品はこちら。

陶器まつりのワイルド番長、隣のブースの今村さんの器達。
薪窯で焼かれた自然な器です。 その中でも、写真右側の小皿は、かなりゴツゴツとして肌で見れば見るほど野生的!
FullSizeRender

そして、久しぶりに再会した元同僚の有馬さんのぐい呑。彼は轆轤がとても上手で、綺麗なフォルムの器を作ります。小さなぐい呑もカッコイイ!
ブースもシンプルにして機能的で、よく考えられてました。

IMG_4784

好きなのものを手にしているのはもちろんですが、思い出の詰まった器達でもあります。
そんな出会いを作れるような器を作っていきたいと思います。





FullSizeRender

陶器まつりも、いよいよ最終日になりました。
皆様への感謝を込めまして、タイムセールを致します!

本日の19:30〜20:30の間、上のクーポン券の画像を見せてくれた方先着3名様に、お買い上げの器を半額に致します!!

皆様、どうぞお声を掛けくださいね。

この怪しいクーポン、もちろん私が描いたのではありません。えっ?子供が?いいえ、いい大人が描きました。

ジョナサンもなんか違うし。

FullSizeRender

髪の毛、生えてるし。笑!

お待ちしております。




FullSizeRender


今日もたくさんの方にお声をかけていただき、ありがとうございました。
何度も足を運んでくださった方やお友達を連れてきてくださった方も。重ね重ね、心に留めていただいて、ありがとうございます。

さて、この美味しそうなたこ焼き。素敵な器に入ってるでしょう?

お隣りのブースの作家さんが、近くの屋台のたこ焼き屋さんでご自身の器に盛ってもらって、差し入れしてくださいました。

写真ではよく判りませんが、薪窯で焼かれたとっても自然で作為のないワイルドな器です。この陶器まつりの中でも、こんな器はなかなかないですよ。
そして、商売っ気が全くないので、値段の付け方がもう・・・なんて言うか、ガサツ。笑!つまりは、安いです。

ご本人はこの器以上にワイルド、必見です!

ビールとたこ焼きで、みんなで乾杯したご褒美の夜でした。

お友達もたくさん来てくれて、嬉しかったです。差し入れ、いっぱいありがとう。

明日は最終日。
どうぞ、よろしくお願いします。






↑このページのトップヘ