2017年09月

image


クラフトフェアの会場となる丹波年輪の里へ、搬入へ行ってきました。

汗ばむくらいの陽気の中、13時を合図に場所取りがスタート!12㎏のテントを担ぎ早歩きして確保したのは、芝生の桜の木の下のスペースです。公園を周遊する園路沿いなので人の流れもあり、なかなか良い場所ではないかしら。

それから順番に車を乗り入れて、荷物を降ろし、また一旦駐車場へ車を戻します。園路は狭いので、そこは皆んなで譲り合いを。

自分の場所へ戻り、とりあえずテントを設営しますが、今日はここまで。明朝、展示台を組み立て、器を並べます。

皆んなそれぞれのペースでのんびり設営中です。

image




image


クラフトフェアへの出店は久しぶりで、細々とした準備をしています。

紙袋に判子を押したり、梱包材を用意したりは、結構楽しい作業です。
子供の頃の夢に、女の子ならたぶん、一度はお店屋さんをしたいって思います。その夢が少し叶ったような。

週末もお天気はいいみたいで、今からワクワクしています。

image

image


このところお天気も良く、昼間は夏が戻ってきたような暑さが続いてます。とはいえ、風はカラッと爽やか。仕事もしやすい気候です。

週末にあるクラフトフェアの準備もラストスパート。釉薬掛けをして、窯詰めをしました。
釉薬を掛ける道具は様々ありますが、私は主に三種類使っています。

お皿には、大きなトングのような鋏を。
image


お皿を挟んで、バケツの中へドボン!引き上げると真っ白に。
image


マグカップやお茶碗は、更に細かい足が付いた鋏を。
image


小さな箸置きや豆皿は、大きなピンセットを使っています。
image


たくさん掛けなければならない職人さんや、上手な人、また器の種類によっては、手だけを使って掛けます。早く効率よく掛けられるのは、やっぱり手なんです。

image


器やさんから荷物が届きました。割れ物を気遣うメッセージに、ほっこり。

割れ物の荷造りは大変で、時間もかかるし重いことも多いので、なかなか骨が折れます。
なので、ついつい味気ないものになってしまいがちですが、こんな気遣いをするだけでも、届ける人も気持ちが温かくなりますね、きっと。

さて、

本日は窯出しをしました。一番急ぎの仕事だった器にミスが・・・裏にサインを入れ忘れました。ガガーンッ!Σ(゚д゚lll)

あぁ・・・、お待ちいただいているお品なにのに。申し訳ありません!すぐに作り直しますので、しばしお待ちください。

image

image


パリへ行ってきました。




・・・嘘です。

大阪の万博記念公園での一枚です。楓の並木道がずーっと続いて、なんだか外国へ来たみたい。

久しぶりにお天気が回復した週末、公園は小さな子供を連れた家族連れで賑わっていました。

来週末もどうか晴れますように!

↑このページのトップヘ