2016年05月

image


香川県丸亀市にある楓さんで、個展のご案内です。

楓さんとの出会いは独立してすぐのころ。クラフトフェアに出店していた時に、お声をかけてくださいました。

私にとってはお仕事の依頼をしてくださった最初のお店でしたが、その時は私自身が全くその心積もりができておらず、結局お断りしてしまいました。(いったい私は何をしてたんでしょう?!あまりにもぼーっとしておりました。)

2年程経って再び声を掛けてくださった時に、その時の事をお詫びしたのですが店主さんはほとんど覚えていらっしゃいませんでした。でも「やっぱり好みだったのかな。」と笑って言って下さった時は、本当に嬉しかったです。

今回、制作に関して何かご要望はありますか?とお聞きしたら、十二月窯さんの好きなようにとのこと。
定番のジョナサンとちょうちょの他にも、色んな絵付をしました。

image


最近手に取ってくださる方が増えつつある印判模様も。森の木々は以前のグリーンをやめてブルーの濃淡にしました。この方がすっきり。

image


蓋物も作ってみました。でも制作ミスで2つしか取れませんでした(>_<)む、無念なり・・・。

image


楓さんでは珈琲豆を販売されているとのことですので、看板も作ってみました。お店のどこかにあるかも?

image


期間中は十二月窯の器でスイーツが食べられる企画もあります。お近くの方はぜひ。


十二月窯 個展
初夏のそよ風にさそわれて・・・

2016.5.31 tue 〜 6.26 sun
9;00 〜 19:00
月曜日定休

「ハナあかり」さんのスイースをお楽しみいただけるスペシャル企画は6月5日です。(先着30名)



〒762-0085
香川県丸亀市飯山町東小川1252-1
0877-85-8023

http://www.kaede-utsuwa.com


image


なんて、かわいいお客様!インディゴこけしさんです。

こけ女さんの中では、展示会の日にはちょっとしたお祭り騒ぎになるくらい、人気のこけしさんだそう。確かにブルー一色のすっきりした絵付けで素敵です。

私も欲しくなっちゃっいました。

image


今週末は、万博公園にてロハスフェスタが開催されています。

久しぶりに見る太陽の塔はおーーーっきいっ!ズドーーーンッという漫画の擬音が聞こえてきそうな迫力で、地面からいきなり生えてます。

image


実は万博公園のすぐそばの高校に通っていたわたくし、また今でも近くを通ることも多いのですが、足元まで行ったのは久しぶり。いゃあ、年々迫力を増すようです。こんな大きな造形物はそうそう見られるものじゃありません。

さて、近年凄い人気のロハスフェスタ。

今年は以前アルバイトをしていたkamogama cafeさんが出店していらっしゃるとのことで、陣中見舞いを兼ねてやって参りました!

リニューアルオープン記念にプレゼントした陶板、使ってくれてる!ありがとう。
十二月窯の器も少しだけ置いてます。

image


お店では2000円で陶芸体験ができます。小さなお皿や箸置きなどが作れますよ。

image


作家でもある店長さんが作っている植木鉢、オススメです。受け皿とお揃いの可愛いものってなかなかないので、それがとっても気に入ってます。私も愛用中。

image


momone ceramic art studioさんと一緒に出店されています。写真左奥のお家型のシュガーポット、とっても可愛いです。ぜひ、見てみてください。

image


ブース番号は302番。
会場は挫けそうになるくらい広いので、お目当てのお店は先に回ることをお勧めします。

明日、15日まで。開場は9:30〜16:00まです。
お近くの方は、日除け対策をしてぜひ(^_^)




image


もう5年程前のですが、岡山の方へ行っていた友人からのお土産で、ぶどうを戴いた時のことです。

食べ比べしてみたかったという彼女の発想で、色々な種類のぶどうが数粒ずつ紙箱に入っていました。
形も色々も違う小さな房を指差し、ひとつひとつ名前を教えてくれました。それは初めて聞くような名前ばかりで、もう全然覚えていませんが、確か“安芸”と付いたものがあったかなー。

果物の色にめっぽう弱い私は、その皮の中から薄っすら光っていような透明感のある色に、しばらく見惚れていましたが、みずみずしく美味しそうな誘惑に勝てるはずもなく、一粒パクッ。

それまで好きでも嫌いでもなかったぶどうが、大好きになった瞬間でした。

写真のお皿は、先日観たエドワード・ゴーリー展に感化されて制作したゴーリーシリーズです。

シンプルな市松模様ですが、塗り潰しているわけではなく全部線。ゴーリーの描く“壁紙”がとても美しく、あんな風に描いてみたいと思って作りました。

そして、今読んでいる本がコレ。怖いだけではなく、ユーモラス。脳内では彼の絵がアニメーションのように動いて楽しいです。

image


image


ふわっふわ、のできたて。

ぷぅーっと吹いてしまうにはもったいないと大人になって思いますが、子供の頃は見つけ次第、ぷちっと摘み取ってぷぅーっ!

耳に入ると聴こえなくなるという噂を聞いて(真意の程は判りません!)、耳を塞ぎながら吹く方法はないかと、体をくねくね試行錯誤した思い出が。

たくさん摘み取り一気にぷぅーっ!と吹き飛ばすと、友達が皆キャーキャー言いながら、蜘蛛の子を散らすように逃げたものです。

↑このページのトップヘ