2015年06月

image


京都で初めての個展です。

これまでもずーっと縁のある街でしたが、なかなかその機会がありませんでした。陶芸を始めて10年目にしてのご縁、とっても嬉しく思っています。

今回はお店から「とにかくマグカップをたくさん並べたい!」と要望をいただいているので、マグカップを中心に、お皿や鉢はお菓子に合う器を作っています。

定番のものはもちろん、日頃は描かない色んなものも描いてみようと思います。

普通はあまり目にすることはないけれど、私は毎日目にする「アレ」や、
昨年の冬、アトリエのそばに飛来した「アレ」、
お客様から要望をいただいた「アレ」、
それを知った時は深く感動した「アレ」も描く予定です。

うふふ、謎かけです。

Second Spiceさんは、独立して初めてお仕事をさせてもらったお店です。取引のノウハウどころか、まだ器の値段をつけることすらよく分かっていなかった私は、とてもお世話になりました。今でも行くたびに、丁寧にお話をしてくださいます。

お店は、岡晋吾さんのようなベテランの方から私のような器まで幅広くあり、色んな雰囲気のものを手にすることができます。ガラスの器や遊び心のある小物もあります。
私は納品に行くたび、河上智未さんのガラスの器を買ってしまいます・・・、器好きには堪らないお店です。

お近くの方、お時間の合う方は、ぜひ一度いらしてください。


辻井喜代美・私の手帖

2015.7.17~28
11:00~19:00

18.19日、在店します。
23日、お休みです。


Second Spice

京都市上京区河原町丸太町上ル
毎日新聞京都ビル1階
075-213-4307


写真上
個展のために作った看板です。お店の前にディスプレイされていますので、目印に。

写真下
この度制作していただいたDMです。お店の方が書いてくださったコメントがなんか恥ずかしい・・・なので、写真面だけ。笑!

image



image


アトリエパーシモンと・・・、吹上の森。

久しぶりに兵庫県三田市にあるアトリエパーシモンへ行ってきました。
良いご縁があって、現在の店舗のすぐ目の前に新しいカフェをオープンされました。それが吹上の森です。

建物までは、門をくぐってから木立の間を少し歩きます。古い日本家屋ですが、旅館や豪邸のようなよそ行きのものではなく、人が普通に生活を送るために使われていた暖かな佇まいです。室内もアンティークの家具や雑貨で落ち着いた雰囲気です。

プレオープンだったにも関わらず、たくさんの方がいらっしゃっていました。こんな雰囲気の中でコーヒーが飲めるのも(それもリーズナブルに!)なかなかないと思います。お勧めです。

image


アトリエパーシモン
http://atelierpersimmon.com/concept/


さて、

そんなアトリエパーシモンへお伺いしたのは、器の写真撮影のため。古い家具や窓枠の雰囲気が好きで、年に1〜2回店内で写真を撮らせてもらっています。

撮影では、器の他にお菓子やカトラリーなど、小道具も使います。お店にある雑貨をお借りしたり。

image


お昼は大好きなお蕎麦屋さんへ。なんて美味しそうなんでしょ!

蕎麦いち
http://blog.livedoor.jp/sanda_sobaichi/

image


三田市の野菜や特産品の直売所あり、美味しいパン屋さんあり、魅力的な三田市散策、オススメです。


image


下記のお店へ納品しました。


日和
http://utuwa-hiyori.com/

日和さんは実店舗を閉店され、今はWeb Shopだけの営業となっています。
今回は色々な種類を納品したので、ぜひホームページをご覧になってください。

さて、

写真は、皆んな大好きジョナサンの新作、箸置きです!8月のイベントで、皆様にお目にかかります。

image


三度豆をいただきました!凄いわ、こんなに立派なものを、たくさん。

最近はスナックエンドウもよく見かけますが、昔からあるこのお豆が私は好きです。

image


夏至を過ぎました。

私たちが湿度の高さに閉口していても、アジサイは生き生きしています。
このアジサイは花弁の先が尖っていて、星ようにも見えます。まーるく大輪で咲いているのも綺麗ですが、こんな風にポツポツ咲いているのも可愛らしいです。

昨日、blogの更新を見たご近所さんが声をかけてくれました。
昼下がり、外は通り雨がパラパラと降り始めていましたが、季節柄さほど気にすることもなくお喋りしていました。
しばらく話していると、切れ切れになった雲の間から陽が射して、辺りが急に明るくなりました。眩しさに思わず目を細めるくらい。

狐の嫁入り。

雨粒が彼女の帽子や子供たちの頰に当たって弾け、陽を受けてキラキラと輝いていました。眩しい、夏の気配を感じるひと時でした。

↑このページのトップヘ