2015年01月

2015-01-24-14-06-03


久しぶりに晴れたので、器がよく乾き、仕事が進んで、気分もスッキリ。
お天気が良いと、削り終わった器を外に干すことができて、とても助かります。

今月は素地作りをしています。
来月は絵付けをして、窯焚きをする月。一ヶ月ごとに素地作りと、絵付けをする月を設けています。概ね、このサイクルで一年の仕事をしています。
注文をいただいてもすぐに納品できないのは、そのためです。

同じ仕事を一ヶ月まとめているのは、ひとつの仕事の数をこなすため。ロクロ成形でも絵付けでも、数をこなすと手が慣れてきます。手が慣れると、ロクロ成形では形が綺麗に整って、大きさも揃ってきます。絵付けでは、筆で描く線が伸びやかになってきます。
私は、それがとても大切だと思っています。

例えば、ジョナサンのマグカップ。描き始めは、ジョナサンの形が不揃いだったり、間隔がバラバラなのが目立ちます。それが5個、10個と描き進めていくうちにまとまってきて、ひとつの模様になっていきます。
もっとも、ひとつのマグカップの中でもよく見ると、眠そうな目の子がいたり、ぽっちゃりさんがいたり、しゃくれアゴちゃんがいたりしますから、まとまるといっても私の感覚的な事かもしれません。
でも、そんな愛すべき不揃いちゃん達が好きだという方も結構いらっしゃいますので、個性は大切にしないと(^_^)

あなたがお持ちのジョナサンは、何番目に描いた子でしょう?ひとつの器の中でも、最初に描いた子はどれでしょう??
そんな事を想像してみるのも、楽しいかもしれません。

前職の窯元に勤めていた時は、今とは桁が違うほど毎日たくさん作っていました
。慣れるということを考えなくても、毎日が慣れた状態だったと思います。

独立して、色々なことを一人でしなければならなくなり、器だけを作っていた時のようにいかなくなりましたが、その分頭を使って、工夫できたらと思います。


追伸:
前回blogの更新をしたら、メールをいただきました。いつも声をかけてくださって、本当にありがとうございます(^_^)

2015-01-10-15-42-47


新年のご挨拶が遅れました。

それを心配してメッセージをくださった方も。お忙しいでしょうけど、blogを楽しみにしているから書いてくださいと言ってくださって、優しいお心遣いがとても嬉しかったです。
新年らしい言葉が見つからないまま、ついつい更新が長引いてしまったのです。ご心配をお掛けして、ごめんなさい(>_<)

今年は、気持ちを整える時間を持たないまま、仕事を始めてしまいました。仕事をしながら、今年はどんな風に仕事をしていきたいかぐるぐる考え、ぐるぐる手を動かして。

もっと、繊細な絵が描いてみたいな。
植物や動物をよく見て、自分の絵を描かないとなー。
ジョナサンにも、新しい形の器を作りたいし、
マグカップも色々な形を作りたい。
ブローチはあんまり売れなかったけど、作るのは面白かったから、食器以外のものも作ってみたいな、箱物とか。

展示会と注文品の制作のバランスはどうすればいいだろう?
クラフトフェアは、今年はいくつ出せるかなー。去年は天気に恵まれなかったから、今年は晴れたらいいなー・・・ぐるぐる・・・

今年は、久しぶりに旅行へも行きたいな。

小松の皆んなは元気かなー、会いたいなー。それにしても、出産ラッシュ!
お祝い、何にしようかな・・・ぐるぐる

去年、お会いした人達はお元気かしら?
今年も、いらしてくださるだろうか?
飛んでいったジョナサンや、他の器達は飽きられてないかな、心配・・・ぐるぐる・・・

もっと丁寧に仕事をしないと・・・、あっ、生活もちゃんとしないと・・・ぐるぐる・・・

なんか、ビール飲みたいな。

そんな日の仕事終わり、友人がお手伝いをしている小さなお店に、ビールを飲みに行きました。
お店の扉を開けると、友人が真っ先に気づいてくれました。ちょうど友人の陰で私が見えなかった店主さんが、誰?と聞いているのが聞こえます。
友人が説明する言葉の後に「あぁ、皿屋の子か!」と。

京都では、陶芸を生業とする人を茶碗屋と呼ぶことがあります。それは軽視の呼び名ではなく、職人であることの誇りを感じさせる呼び名です。
私は初めて、自分がそれに近い呼び名で呼ばれたことに、ドキドキしました。
皿を作ることで私は生活をし、私は誰かの役に立ち、私は人生を送っているのだと、改めて気付きました。


今年も作ります。
もっと良いものを。

今年もよろしくお願いします。


写真:
今年も、京都市にある戎さんへ、お詣りへ行ってきました。
写真は、境内にある大黒さんの肩叩きです。今年も色んな肩叩きがありましたよー!笑!
詳しくは、昨年の1月9日のblogを見てください。ご利益ありますよ!

↑このページのトップヘ