2014年05月

2014-05-31-12-44-10


続いて、兵庫県三田市にある嫁入り先のご紹介を。

atelier parsimmonさんは、独立した頃からお世話になっているお店です。
灯しびとの集いというクラフトフェアに出店した際に、声を掛けていただきました。最初は、世間話みたいな感じでお話をしてくださったので、てっきりご近所の方が散歩にでもいらしているのかと思いました。

その後ご連絡をいただき、改めて再会をした時にビックリ!!したというわけです。

お店は、シンプルな古道具と丁寧に手で作られた雑貨、フードが置かれています。カフェも併設されていて、昨年夏はフルーツがゴロゴロ入ったかき氷が大変話題になりました。
今年も気合を入れて、準備をされていますよ。

9月にはまた個展をさせていただける予定です。古いスツールに展示するのは味わい深くて、私はとても好きです。

写真:
田植えが始まりました。今年もカエルが来るかなぁ。


atelier parsimmon
http://atelierpersimmon.com



2014-05-31-12-50-20


先週から、春にコツコツ作ってきた器達を、各地に嫁に送り出しております。

そんなわけで、少しずつ嫁入り先のご紹介を。まずは、高知市のうつわ家膳さん。

店主の岡林さんに初めてお会いしたのは、独立して最初の夏にでした。
「あなたの器を扱っていましたよ。」と、前職で作っていた器を覚えていてくださいました。
それから1年後、また同じ場所で再会した時に改めて声をかけていただき、今度は注文をしてくださいました。
1年間、真面目に仕事をしてきたことを評価してくださったんだ思えて、本当に嬉しかったことを覚えています。

今回、お店からの要望でジョナサンとハッパ柄で蕎麦猪口を作りました。

お店にはまだお伺いしたことはありませんが、初夏の高知はきっと素敵です。桂浜から見る太平洋は、陽射しを受けて日に日に青くなっていることでしょうし、牧野植物園という本当に素敵な植物園もあります。

お近くの方は、ぜひ。


写真:
今日のおやつにわらび餅。冷えたわらび餅が食べたい!と思うなんて、夏ですねぇ。
コースターは、京都のアトリエクシュグルのものです。自然の色そのままの麻はとても涼しげ。


うつわ家膳

http://www.utsuwaya-zen.com
web shopもされています。




2014-05-23-15-15-54


大阪でありながらも、適度に田舎。山も川も近いから風がよく通って、街中よりもちょっと気温が低い。あと3kmほど行けば京都へ入る。

仕事場がある町は、そんなところにあります。

ここで仕事をするようになって2年が過ぎ、少しずつご近所さんから声を掛けていただけるようになりました。玄関前で立ち話をすることも、楽しい時間です。

昨日、このBlogを見たというご近所さんが来てくださいました。
写真を頼りに自転車で、娘さんと冒険気分で探してくださったそうです。この仕事場が、誰かをそんな気分にさせる場所であったなんて!それが、とても嬉しかったです。

ひとつひとつ手で作られるものがあることを、身近に感じてもらえたらいいなと思っています。


写真:
お土産にどこか懐かしいようなクッキーをいただきました。

新作のジョナサンのお皿です。直径17cm、縁に少し立ち上がりがあり、使いやすい形です。
近々、高知市のうつわ家膳さんや、滋賀県大津市のノースウエストセレクトさんで、取り扱いが始まります。




2014-05-21-15-42-56


誰のためのブーツなのかしらーっ?!!(@_@)

黄金であることだけでもビックリするのに、普通のサイズの2倍くらいに大きい!片足に赤ちゃんが入りそうっ!プロレスラー用??

でもこのお店、おばちゃんの草履とか売ってる商店街の普通の靴屋さんです。

レジ仕事に勤しんでいらっしゃるお爺ちゃんの目を盗んで、パシャリ。

2014-05-17-12-42-56


天気の良い週末でした。

風邪をひいたりして、なかなかスッキリと元気には過ごせない日々を送っていましたが、週末に開催されていたフィールド オブ クラフト 倉敷へ行ってきました。

いつか出店してみたいなぁと思いつつ、今だ縁がつながらず・・・とはいえ、私も今年初めて足を運びました。

それぞれのブースには作品と共に、作り手が日々どんな風に仕事をしているか、また、それを使っている風景が見えるような展示がされています。
ブースからはみ出すくらい、いっぱいに広げられた楽しい展示でした。
実演している方も多く、皆さん熱心に見ておられました。見られながらの仕事は、かなり照れ臭いことでしょう!

もし私が出店できたら、どんな風にしよう?と、想像を膨らませながらの帰路。
いつしか眠ってしまった私が次に目を覚ました時には、下校中の高校生に囲まれて、ここどこ?!ってくらいに山の中を走っていて、一瞬夢かと思いました。
3時間半の電車旅でした。

写真:

木陰では、スタンド形式で食事をしていました。なんだか、とても幸せな光景です。




↑このページのトップヘ